映像音響機器の専門商社映像センターでは様々な人材を募集しております。
AVC
AVC TOPPAGE AVシステム販売事業 製品輸入販売事業 イベント映像事業 会社概要 採用情報
採用情報メニュー 映像センターTOP > 採用情報 > 職種紹介
職種紹介
職種紹介

イベント映像事業

「お客様の意図を伝えるスペシャリスト集団」
幕張メッセや東京ビッグサイト、人が集まるイベントスペースにおいて、多くの人に的確に、 またインパクトある映像を通じてイベント主催者やクライアントの意図をしっかり伝えるのはイベント映像事業部です。
そのイベント成功への陰の演出者として、イベント内容や会場の条件などを踏まえ、 コミュニケーションビジネスのAVスペシャリストがそこに必要な機材の選定と提案を行うところからビジネスがスタートします。

当社の保有している映像・音響機器は、その周辺機器などを含めると、その数12000点にものぼります。
それら機材を、イベント内容に応じて準備し、チェックし、搬入・設置、そして調整、 リハーサルを経て本番のオペレーション…ここまでに実に多くのスタッフの動きがあります。
ポジションや果たす役割はそれぞれ違っても社員の目指すものはひとつ…。
それは、お客様の"あなたにお願いしてよかった" "ありがとう"という言葉です。

2度と同じ時間を共有できない緊張感の中で、そして目まぐるしい変化の中で、ひとつひとつのお客様の「依頼」を、 確実な会社への「信頼」へと変えて行く…。
イベント映像部門は、目に見えない時間とのプレッシャーや苦労や努力を何事もなく当然のようにたゆみなく続けているスペシャリスト集団です。私たちの仕事の成果はモーターショウや博覧会、 セミナー会場で目にすることができます。


AVシステム販売事業部

「最新機器でジャストフィットシステムを・・・」
当社の販売ビジネスは、“この空間をこんなコミュニケーションスペースにしたい…” そんなクライアントニーズから端を発します。
例えば、情報の的確な伝達を目的とするコミュニケーションといえば、企業・公官庁でのAV会議室や学校のAV教室、 またエントランス・展示コーナーといった設備で表現されますし、 インパクトある感動や来場者に共感をもたらす空間といえば、 例えば、ステージ・AVホールやアミューズメントスペース、 そして店舗やショウルームといった設備がまさにコミュニケーション空間ということになりましょう。

特定メーカーにこだわらないまさに日進月歩の最新のAV関連機器の情報をもとに、 その機器の特性を活かしたジャストフィットのAV機器を組合わせシステムにするプロセスこそ私たちの販売ビジネスです。
AVシステムセールスとしての営業活動とは、まずはお客様の思いをしっかりと汲み取りつかむこと、 そして各メーカーからの機器の最新情報の引き出しとヒューマンネットワークを結び付け、点と点を線に、 次に広がりをもった面に、そしてこころを味付けして立体的なものに展開してゆくことに他なりません。 

コミュニケーションというキーワードをもとに映像・音響系にとどまらず、エレクトロニクス・ 通信…と得意分野がどんどん広がりを見せてきたのは、 常に当社がお客様とメーカー、ひととAV&デジタルメディアとのパイプ役を果たし続けた証といえます。
快適なコミュニケーション空間への提案、企画から設計施工、 そしてメンテナンスといったフォローを通じて人のこころを捕らえ、 そしてこころを動かすソリューションビジネスをさらに展開しています。


製品輸入販売事業

「優れた海外製品をお届けします」
当社の製品輸入販売ビジネスは、北米を筆頭にヨーロッパやアジアで開発、 製品化されたAV機器やインフォメーションディスプレイに関わる周辺機器を見つけ出すところから始まります。
日本国内にない優れた海外製品を発掘し、 日本での独占輸入販売権を取得したものを当社オリジナル商品として広く日本市場に紹介しその販売網を広げてゆくビジネスです。

したがって、当社取扱いのオリジナル商品とは、すなわち"日本ではまだ認知されていない商品= マーケティングと戦略により日本のコミュニケーション環境に大きな変化と無限の可能性をもたらす商品" と位置づけることができます。

開発営業のお客様とは、最終的にはひとりひとりのユーザー様ということになりますが、 IT業界を含めたコミュニケーションビジネスに関わるすべての方々がお客様です。
つまりその方々の認知を通じて飛躍的に当社のオリジナル商品が日本国内に広がってゆきます。
ですからマーケティングを通じて、またお客様との出会いとそこから生まれるコミュニケーションを通じて、 商品をまず知っていただき、その利便性を認知いただくことが私たちの営業活動です。
私たちの直接目に触れない製品であっても、実は、 身近なところで当社のオリジナル商品がシステムに使用されたりしているのです。


実は他にも・・・

「海外ビジネス」映像空間づくりの市場は国内にとどまりません。
映像センターは、現在中国3カ所(北京・広州・上海)に現地法人を含めた拠点を持っています。

事業所風景
Head office photo
osaka office photo
nagoya office photo
shinonome office photo
 

リンク集 個人情報保護について Copyright(C) 1999-2013 Audio Visual Communications Ltd. All Rights Reserved.